【書き起こし】004.社労士紹介:大塚昭彦

サバが読める社労士

はい。自己紹介、何をしゃべればいいですかね?

大塚
大塚
市川
市川
聞いたこと、全部答えてくれるなら聞きますけど(笑)。

どうぞ、じゃあ質問受けます。

大塚
大塚
市川
市川
質問、じゃあお名前を。

大塚昭彦(おおつか あきひこ)です。

大塚
大塚
市川
市川
お誕生日は(笑)。

1959年の7月1日です。

大塚
大塚
市川
市川
今おいくつですか?

もうすぐ60。

大塚
大塚
市川
市川
見えない!見えない!見えないですね!

そりゃもう、若い頃からずっと言われ続けていまして、30ぐらいになっても取引先とか挨拶行くと「新入社員よこされると困るんだよね」とか言われて、深く傷ついて。

大塚
大塚
市川
市川
(笑)深く傷ついてました。そうですか。実を言うと、大塚さんがそんなお年だと言うことは、あちこちで「どうしてあんなに若くいられるんでしょうね」っていう話のネタにはさせていただいておりますけれども、ほんとに若く見えますよね。

そうですね。1番目の会社と2番目の会社の社長からは「苦労が足りないからだ」って言われて(笑)。

大塚
大塚
市川
市川
苦労が足りないから(笑)。

まさにその通り、苦労が足りないんですけど。

大塚
大塚
市川
市川
そうなんですか、いろいろご苦労されているように見えますけれども。いろいろ話を聞くと、ご苦労されたんだなっていうこともたくさんありますけどね。

途中からはそうですね。途中からは苦労しましたけど、最初は何の苦労もなく能天気に遊んでたので、はい。

大塚
大塚
市川
市川
でも、苦労しても若さは変わらず。

そうですね、なのかなぁ?

大塚
大塚
市川
市川
うん、だって、今だって。

中身がガタガタですけどね。

大塚
大塚
市川
市川
中身が(笑)。

中身がガタガタですけどね。

大塚
大塚
市川
市川
そうですか?

はい。だいぶ使い込んでるんで、中身がガタガタですけど。

大塚
大塚
市川
市川
そうですかね?まあ、若いですよね。でも何も言わなければ50ぐらいに見えるんじゃないですか?

いけそうですか?

大塚
大塚
市川
市川
いけますよ。

10年サバ読めますね。

大塚
大塚
市川
市川
たぶん、40代って言っても「ああ、ちょっと老けてる顔してるんだ」ぐらいで済みますよ 。

そっちも嫌だな。

大塚
大塚
市川
市川
(笑)

じゃあ、今度50ぐらいで言ってみようかな。

大塚
大塚
市川
市川
たぶん50ぐらいでいける。

どこで50って言うんだろうってのもありますけど。

大塚
大塚
市川
市川
まあ入社したときからあんまり変わってないですからね。55は絶対にいけますよ。

はい。

大塚
大塚
市川
市川
でも入社したときに、まず履歴書をいただいたんですよね。顔写真を見て「何年前の写真を使ったんだろうな?」って実は思ったんです(笑)。

あー、なるほどなるほど。

大塚
大塚
市川
市川
だって「55」って書いてあるのに、若いから。

ええ。

大塚
大塚
市川
市川
実際にお呼びしてみたら、ほんとにその顔の人だったので「ほんとにこの年齢なのかな?」って思いながら、ビックリしました。

あれ、社労士試験のときの写真ですけどね。

大塚
大塚
市川
市川
あ、そうですか。じゃあ一年ぐらいはサバ読まれましたかね?

一年……いやいやいや、受けたのは、4月に写真撮った覚えがあるので、半年ぐらい。

大塚
大塚
市川
市川
あ、半年ですか。

半年ぐらいです。

大塚
大塚
市川
市川
あ、そうですか。いやー、写真より若い人が来たなって思ってビックリしたんですけど(笑)。

(笑)。

大塚
大塚
市川
市川
そんな懐かしい思い出もあります。

はい。
大塚
大塚

次ページ:社労士になったエピソード