【書き起こし】004.社労士紹介:大塚昭彦

社労士になったエピソード

市川
市川
社労士になったのはいつですか?

なったのは……

大塚
大塚
市川
市川
テスト受かったのは?

2013年、平成25年の試験に合格しました。

大塚
大塚
市川
市川
じゃあ、5年前か。

そうですね。24年のは落ちたので。

大塚
大塚
市川
市川
「落ちた」ってまだ言ってますよね(笑)。

許せないですよもう、落ちるなんて。

大塚
大塚
市川
市川
3ヶ月でしょ、勉強したの。

そうです。

大塚
大塚
市川
市川
私まだ見せてもらったのが忘れられないですけど、3ヶ月勉強して、あと1点2点でしたっけ?足りなかったの。

2点ですね。択一のほうが。

大塚
大塚
市川
市川
足切り?

いえいえ、足切りはなかったんですけど。

大塚
大塚
市川
市川
点数だ!

そうです。7×6=42…4点か!足切りなくて、6割取れて42点だったんですけど、その年は46だったんですよ。

大塚
大塚
市川
市川
はい。

「6割取れれば合格できる」って言われてたんで「できないじゃないか!」って思って。

大塚
大塚
市川
市川
(笑)

「6割5分取らなきゃダメだったんじゃないか!」って思って。

大塚
大塚
市川
市川
(笑)

選択のほうも30点ぐらい取れてたんで「許せないな!」と思って。

大塚
大塚
市川
市川
(笑)

(笑)

大塚
大塚
市川
市川
その点数取って落ちてるって言うのは、ちょっとあれですけど、3ヶ月でしょう!?

簡単だったんです、きっとレベルが、だから点数もこう。

大塚
大塚
市川
市川
合格率高い、10%ぐらいあったんですよね。

10%ぐらいありました。

大塚
大塚
市川
市川
その次に5%まで落ちたんですよね。

そうなんです、その時の5%には引っかかったんですけど。

大塚
大塚
市川
市川
じゃあやっぱり10%だったんだ、その前の年。

易しかった。

大塚
大塚
市川
市川
易しかった。でも3ヶ月ぐらいで受かろうなんて言うほうがダメですよ。

(笑)

大塚
大塚

次ページ:大塚はいかにして恵社労士事務所の一員となったのか